FC2ブログ

Welcome to my blog

Piadrive

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7導入乗り換え記 ヘッドホン編 

  • CATEGORYPC
  • PUBLISHED ON2009/ 12/ 05/ 11:58
  • COMMENT0
一通りパーツが組みあがったところで,もっとも身近なパーツ,ヘッドホンを見直してみようと思いました。
私の現在の環境ではスピーカーから出力する事も可能ですが,音量を上げる事が出来ませんので
もっぱらヘッドホンで聴いております。

紹介するのも憚られますが,今まではSONYのMDR-XD100を使用しておりました。
MDR-XD100.jpg
オーバーヘッドで最安レンジのヘッドホンですが,取りとめも無く購入したもののなかなか気に入っております。
実際にレビューの評価もソコソコです。
MDR-XD100レビュー
昔からオーディオ関連はウォークマン(カセット)から始まって現在のウォークマン(メモリ)までずっとSONY派です。
高校のときはCDプレーヤーをKENWOOD,panasonic等浮気した事がありましたがあまりにも音が気に入らなく
結局SONYに戻りました。
あまりサウンドを表現する知識はありませんが,SONYの特徴として低音から高音までクリアであるという事。
MDR-XD100も安いのにかかわらず,実にSONYらしいサウンドを奏でてくれます。
ただサウンドカードを導入してから圧倒的に低・中音のボリュームが増しましたので低音に若干の限界を感じたので
買い換えてみようと思いました。

で量販店にてIYH
選んだのはPIONEERのSE-M290。
20464511068.jpg
予備知識も何もなしに豊かな低音というパッケージに掛かれた売り文句を信じて購入しましたが
この選択が大いに間違っていた事に・・・
SE-M290レヴュー
今までPIONEER製品を使った事が無かった為期待半分でしたが,レビューでもあるように
安かろう悪かろうの典型です。
確かに低音は若干リッチな印象ですが,なにより音こもりがひどい,ひどすぎる。
最初スピーカーのコーン部分に保護シールか何か張られてるのかと確認したほどです。
汚い言葉を使わせていただければゴミです,ハイ。


こうなるとどうやっても良質をゲットしたくなって価格COMにてレビューを参考に選んだのが
20466511377.jpg
MDR-XB500
SONY至上最強の重低音との事です。
上位のXB700も有りますが,コストパフォーマンスを考えてコチラをチョイス。
6,000円くらいです。
確かに低音は物凄い迫力があります。
イコライザーで調整すると,どこまでいくのかと言うほど低音は得意です。
イヤーパッドも低反発タイプなので気持ちいいです。
ただあまりにも低音がリッチすぎる為,SB-XFI-XGのCreative コンソールランチャの調整が難しい。
sbxfixg.jpg
豊かな低音を手に入れた代わりにXD100と比べてこもりがちなサウンドなので,オンボで聴く分には最高でしょうが
SB-XFI-XGだとスイートスポットが狭いので調整が難しいです。
特にゲームモードでの設定が至難のワザ。
あと携帯用の為なのかコードが1mちょいしかなく短すぎる点。


いわゆる”ナラシ”をすればもっとまろやかになるんでしょうか。
なんだかXD100が高コストパフォーマンスなのが間違いないという事をカンジさせられた次第であります。


- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。