FC2ブログ

Welcome to my blog

Piadrive

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きいファイルを処理する(応答なし)状態の回避設定

  • CATEGORYTips
  • PUBLISHED ON2017/ 06/ 07/ 11:14
  • COMMENT0
DDS変換や,CAD保存などでアプリケーションのタイムアウトで(応答なし)状態になる件。
実際には処理が行われている(予定)だろうけど,フリーズしてる可能性もあるし
何より頻繁に処理を行う状況だと精神安定上よろしくない。

そこでレジストリの設定で回避する設定を
1.スタートボタン
2.プログラムとファイルの検索/ファイル名を指定して実行に”regedit”と入力
3.ユーザーアカウント制御で”はい”
4.【HKEY_CURRENT_USER】  → 【Control Panel】  →  【Desktop】の順に展開
5.【Desktop】フォルダ右クリメニューで【新規】 → 【文字列値】をクリック
6.新しい値が出来るので値の名を【HungAppTimeout】入力
7.上記の値をダブルクリックし,【値のデータ】を入力する。
8.単位は1/1000秒とのこと。つまり”1000”と入力すると1秒となる。デフォルトでは5秒と設定されているようだけど
 もう少し長い気がする。
 実際にアプリの(応答なし)状況を時間を計測して設定する。
 ちなみに現在の設定は,とりあえず”60000”で設定中。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。