Welcome to my blog

Piadrive

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1第13戦 イタリアGP

01 バリチェロ(ブラウンGP)
02 バトン(ブラウンGP)
03 ライコネン(フェラーリ)
04 スーティル(フォース・インディア)
05 アロンソ(ルノー)
06 コバライネン(マクラーレン)
07 ハイドフェルド(BMWザウバー)
08 ヴェッテル(レッドブル)
09 フィジケラ(フェラーリ)
10 中嶋一貴(ウィリアムズ)
11 グロック(トヨタ)
12 ハミルトン(マクラーレン)
13 ブエミ(トロ・ロッソ)
14 トゥルーリ(トヨタ)
15 グロージャン(ルノー)
16 ロズベルグ(ウィリアムズ)

久しぶりの更新のうえ,久しぶりのF1観戦でのモンツァ。
去年のヴェッテルのトロでの初優勝は記憶に新しいところですが,今回のポールはハミルトン。
見るか見まいか,かなり迷いましたが結局テレビの前に。
今回の見所としては,ブラウン勢の1ピット作戦的中だったでしょう。
ただここ最近往々に見られるバトンがバリチェロのペースに合わせられないのが気にはなりましたが。
あれですかね,グチっぽくやかましいオヤジを何勝かさせて黙らせるブラウンの戦術なのでしょうか。
ライコネンもハミルトンに離されたのがいつもの辛い展開に。
燃料搭載量から言っても勝てる可能性は十分にあっただけに残念。
そして最大の見所がファイナルラップでのハミルトン先生のクラッシュ。
やはり神様っているんだなーと実感しました次第です。
リアが突然流れたとおっしゃってますが,どうみてもフロント縁石に乗ってますからー残念。。。
まぁそれにしても,この段階でライコネンとハミルトンのタイトルは潰えた格好になりますから
今シーズンはバトンのタイトルでほぼ決定ですかね。

それ以外で言うとシーズン中にもかかわらずシートの移動等がありました。
前戦のあわや優勝かと健闘のフィジコは念願の跳馬入り。
マッサの代役はどう考えてもパドエルには無理でしょう。
それとピケの変わりにグロージャン。
ただこの交代劇でのクラッシュゲートの発生といい,F1には本当にスキャンダルが尽きません。
グロージャン本人についてはまだわかりませんがアルグエスアリ同様新人にはテストが出来ない分
受難が続きそうです。

あとモンツァで見苦しかったのがトヨタの2台。
終盤の中嶋との絡みで見っとも無い交錯。
上位,ポイント圏内での争いなら致し方ない部分もあると思いますが,ブービー争いで
ガッツあるファイトを見せれたとかほざいてる位なら,まだ撤退したホンダのほうが良識あるといえるでしょう。
たらればですが前回もしもインディアが優勝した場合,グリッド上では唯一優勝経験の無い
チームという事になってしまいました。
開幕当初はそれなりの成績を残してはいましたが,バーレーンあたりから下降線を描いて
いつもの低位置に。
コンコルド協定にはサインしてしまったものだから当面の離脱は無理。
せめて鈴鹿での健闘を願うばかりではあります。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。